シトルリンは動悸・息切れの副作用がある?

シトルリンの効果は、勃起力アップ、ペニス増大、筋肉増強といった嬉しい効果が期待できる一方で、副作用が気になります。

シトルリンにおいては、人によっては、動悸や息切れの副作用が出る可能性があると言われています。

ではシトルリンを摂取する上で、どんな方が気をつけたほうがよいのでしょうか?

早速検証してみましょう。

シトルリンは動悸・息切れの副作用がある?

シトルリンを摂ると、体内へ吸収され、酵素反応で変化する途中で、一酸化窒素のガスを発生させます。

一酸化窒素は、血管を力強くしなやかにし血管を広げ、血流をスムーズにする血管拡張作用があります。

このような作用があるので、シトルリンは現在多くのサプリや健康食品に使われて販売されており、若返りサプリとして人気を集めているのです。

シトルリンサプリは、摂取量を守って利用すれば、動悸や息切れといった副作用が出ることは、ありません。

循環器系の病気の方は動悸・息切れの副作用の可能性がある

シトルリンは血管を拡張させ、血流をよくするため、動悸や息切れ、出血、目の充血、顔のほてりなどの副作用が起こりやすくなります。

日本ではシトルリンは、2007年まで医薬品として扱われていたので、循環器系の病気の方は、動悸や息切れといった副作用の症状が出るケースがあるのです。

循環器系の病気の方、心疾患のある方、高血圧の方、血液をさらさらにする薬を服用中の方は、シトルリンの摂取にあたって、注意が必要です。

シトルリンサプリの商品にある注意書きにも、「血圧関係の疾患がある人は注意が必要」と書いてありますので、心臓病の方は自己判断ではなく、必ず医師に相談するようにしましょう。

シトルリンの降圧作用は動悸や息切れを引き起こす可能性あり

シトルリンには血管を拡張させる作用と降圧作用があります。

高血圧で降圧剤を服用している方がシトルリンを摂取すると、さらに血圧を低下させてしまい、動悸や息切れの症状を引き起こす可能性があります。

高血圧だけでなく低血圧の方も、シトルリン摂取には、薬剤師や医師の判断に従うようにしましょう。

シトルリンの適切な摂取量とは?

シトルリンの適切な摂取量は800mgです。

バイアグラを発明したノーベル医学・生理学症は、「人体は、1日にシトルリン800mgまでしか酵素反応できず、それに相当した量しか一酸化窒素を産生できない仕組みになっている」と発言しています。

一番シトルリンの含有量が多い食品はスイカですが、約450gも食べ続けなければならないので、現実的に難しいといえます。

そこで、適切な摂取量800mgを手軽に補給できるように、シトルリンは多くのサプリとなって、販売されています。

しかしシトルリンはあくまでもサプリメントですので、飲んですぐに効果が得られるわけではありません。

一般的には、数か月~数年間飲み続けて、だんだんと効果を実感できるようになります。

シトルリンの過剰摂取は動悸や息切れの症状を引き起こす可能性あり

シトルリンは体内で800mgまでしか一酸化窒素は増えないので、800mgより多くシトルリンを摂取しても、酵素反応できずに、そのまま体外に排出されてしまいます。

シトルリンは過剰摂取しても、余分な量は体外に排出されるので、安心できる成分といえます。

しかしシトルリンは、もともと医薬品だったので、過剰摂取による副作用の症状が出る可能性は否定できません。

シトルリンを摂ると、血行が良くなるので、心拍数が上がり、血流が増えます。

血圧関係の疾患がある方が自己判断でシトルリンを過剰摂取すると、動悸や息切れの症状が出る可能性が高くなりますので、自己判断による摂取は危険ですので、やめましょう。

今現在シトルリンは、サプリメントとして販売されているため、副作用が出る摂取上限量は発表されていませんが、どんなサプリも過剰摂取はからだの負担になるので、気をつけなければなりません。

シトルリンで動悸や息切れを引き起こさないためには

シトルリンで動悸や息切れを引き起こさずに飲むために一番大切なことは、摂取量を必ず守ることです。

シトルリンの効果を早く実感したいために、サプリを多く飲んでも、からだの負担になるだけで、シトルリンの効果をしっかり実感できなくなりますので、飲み過ぎはやめましょう。

そして、サプリは胃が空っぽの時に飲むことで、栄養の吸収効率が高まり、効果的です。

ただし、胃が空の状態でサプリを飲むと、胃液の分泌量に対して、胃が荒れる場合もありますので、体調が良くないときは、食後に飲むと良いでしょう。

そして一度に大量に飲むのではなく時間を空けて1日2〜3回に分けて飲むと、からだの負担になりません。

まとめ

シトルリンは適量を守れば、動悸や息切れの副作用については心配ありません。

しかし血圧関係の疾患がある人が服用する場合は、動悸や息切れの症状が出る可能性がありますので、必ず利用まえに、医師に相談するようにしましょう。

関連記事

シトルリンはニキビ・肌荒れを改善できる2つの理由

シトルリン過剰摂取により頭痛を引き起こす?

シトルリンに利尿作用・効果があるって本当?

シトルリンは勃起力とペニス増大の即効性はある?

シトルリンが疲労回復に効果的な理由とは?

女性にもおすすめ!シトルリンのバストアップ効果