シトルリンは肝臓の病気予防ができる?

シトルリンといえば血行促進、精力増強といった働きがよく知られていますが、肝臓にも良い影響を与えてくれる、と話題です。

肝臓は体の中の老廃物や毒素を取り除く臓器です。

特にお酒を飲みすぎる方は、体全体に毒素が蓄積され、肝機能障害や脂肪肝といった肝臓の病気になるリスクが高くなります。

そこで肝臓の機能に効果的な働きをしてくれるのが、シトルリンです!

今回はシトルリンが、どのように肝臓に良い働きをもたらしてくれるのかをご紹介します。

シトルリンは肝臓の数値を改善する

体内に摂取したシトルリンはアルギニンに変化して、老廃物や様々な毒素を体外に排出するのを助けてくれます。

シトルリン→アルギニン→オルニチンという変換サイクルの過程で、体内の有害物質の解毒作用が働きます。

アルギニンはアンモニアの解毒作用などがあり、尿素回路で変換されるオルニチンは、二日酔いに高い効果があるとされています。

肝臓は人間にとって非常に重要な器官ですが、お酒を飲みすぎたりすると、大きな負担がかかり、肝臓が弱くなってしまいます。

つまり肝機能が低下している時にシトルリンを摂取すると、肝機能の改善が期待できるのです。

肝臓の数値が悪い方がシトルリンを摂取すると、からだ中の老廃物や毒素などを体外に排泄する手助けをしてくれるので、肝臓を正常に改善してくれるので、おすすめです。

シトルリンは脂肪肝にも効果的

お酒はそれほど飲まない方でも肝臓の数値が非常に悪い方は、脂肪肝の可能性があります。

脂肪肝とは、飲みすぎや食べすぎが原因で、肝臓に中性脂肪やコレステロールが蓄積した状態をいい、メタボとも呼ばれます。

脂肪肝は見た目では判断できず、痛みも無いので、自覚症状がなく、本人が気が付かないうちに病状が進行してしまう危険性があります。

中性脂肪やコレステロール値が高くなると、肝硬変、肝炎、肝臓がんなどなどの大病に繋がる可能性が出てくるので危険です。

そこで肝障害を改善のために、シトルリンが肝臓に良い働きをもたらしてくれます。

シトルリンは、体内で一酸化窒素の生成を高め、血管を拡張して、血液の流れをスムーズにして、肝細胞を保護し、脂肪肝、肝障害を改善してくれるのです。

日頃から飲みすぎや食べ過ぎが気になる方は、シトルリンで脂肪肝の予防をするようにしましょう。

シトルリンは利尿作用がある

シトルリンを摂取すると、アンモニアを分解してくれるので、尿の頻度が高くなります。

結果的にからだから毒素が排出され、肝機能は正常に保たれるので、疲労回復に繋がります。

シトルリンはオルニチンとの同時摂取で肝臓を正常に保つ

オルニチンは肝臓でアンモニアの解毒を助けてくれる栄養素です。

飲酒などにより体内に摂取されたアンモニアは体にとって有害な物質であり、オルニチンはこのアンモニアと結合して、シトルリンに変換されます。

オルニチンは再びアンモニアの解毒に利用され、尿素は体外へ排出し、肝臓の健康状態を保つ効果があるのです。

さらにオルニチンは肝臓の疲労を回復してくれる効果もあります。

シトルリンとオルニチンを同時に摂取することで、肝臓を正常に保つことが出来るのです。

二日酔いの肝臓にはオルニチンが効果的

肝臓といえば、アルコールの分解機能があります。

体内でアルコールを分解する際にアンモニアが生成されます。

アンモニアは人体に有害なので、オルニチンがアンモニアを尿素に変えて無毒化して、体外に排出します。

オルニチンは肝臓の解毒機能を高めるとともに、二日酔いを防ぐ作用があるので、おすすめの成分です。

肝臓病予防のために効果的なシトルリン摂取方法とは?

シトルリンは1日800mgが摂取目安量とされています。

シトルリンやアルギニンのサプリは副作用がなく、上限が設けられていませんが、飲めば飲むほど良いものではありませんので、規定量を守ることが大切です。

シトルリンが肝臓に悪い影響を与えることはある?

シトルリンは体内でも自然に作られる天然の成分ですから、肝臓に負担になることはなく、副作用の心配もありません。

シトルリンを取りすぎると、シトルリン血症のリスクを心配する方もいますが、シトルリンを多く摂取したからといってなる病気ではありません。

シトルリン血症は、シトルリンを体内で処理しきれなくなり、体内のシトルリン濃度が高くなることで発症するごくまれな病気です。

シトルリンはもちろん摂りすぎることはよくありませんが、摂取目安量を守って正しく摂取していれば、肝臓の負担になることはありません。

まとめ

シトルリンはからだ中の老廃物や毒素などを体外に排泄する手助けをしてくれる栄養素です。

肝臓を正常に改善してくれるので、いつもお酒を飲む方には、シトルリンサプリをおすすめします。

シトルリンは肝臓の疲労を回復してくれる効果があるオルニチンと同時摂取することで、二日酔いを防ぐ作用もあります。

シトルリン自体には副作用はありませんので、摂取量を守って、しっかり肝臓病の予防をしていきましょう。

関連記事

シトルリンに利尿作用・効果があるって本当?

シトルリンは動悸・息切れの副作用がある?

シトルリンでテストステロンは増える?

シトルリンはヘルペスウィルスを増殖してしまうのか?

シトルリンの副作用で歯茎から出血することがあるって本当?

シトルリンでペニス増大させる最も効果的な方法とは?