シトルリンは筋トレ効果を倍増させる?

筋トレをするからには、ムキムキなからだを手に入れたいですよね。

実は、短期間のトレーニングでもみるみる筋肉が増える方法があります。

それは「シトルリン」を摂取することです。

シトルリンは、筋トレ効果を向上させする効果があります。

また筋肉の修復や増強を促すので、筋トレの効果を最大限に引き出してくれるのです。

それでは早速、シトルリンが筋トレに働く素晴らしい効果を検証します。

シトルリンとは?

シトルリンは、遊離アミノ酸の一種で、体内に存在しています。

特にアンモニアから尿素を生成する回路で、重要な役割を果たしています。

そしてシトルリンは、ウリ科の植物に多く含まれており、食品から摂取できる成分です。

日本では、2007年に食品素材として使用が認められました。

シトルリンは、筋肉のたんぱく質の合成を高める働きがあり、筋トレの効果を倍増させてくれます。

シトルリンは筋トレ効果を倍増させる?

シトルリンは摂取すると、アルギニンに変換されます。

体内のシトルリンが増加すると、アルギニンが増えて、その結果、体内の一酸化窒素の濃度が上昇するのです。

一酸化窒素には血管拡張作用があるため、血流量が増加して、トレーニングのパンプ感を向上させます。

そしてアミノ酸ですから、ダイレクトに筋肉に輸送され、糖分、成長ホルモン、テストステロン(男性ホルモン)が増加します。

そして筋トレをすると、通常、乳酸やアンモニアなどが発生し、腎臓に負担をかけてしまうのですが、シトルリンを摂取することで、無駄なものをスムーズに排出しやすくしてくれるのです。

我々が食品などからたんぱく質を摂取するときも、吸収される間にアンモニアが発生しますが、シトルリンはアンモニアを素早く除去して、エネルギーの生成を促進する素晴らしい働きをしてくれます。

シトルリンは筋トレの負荷を上げる

シトルリンを摂取すると、血行が良くなり、筋肉への血流が増えて、負荷を上げてくれます。

筋肉は傷がつくことで、その分多くの筋肉が増えてきます。

筋トレの前にシトルリンを摂取することで、筋肉が増え、ムキムキなからだになっていくでしょう。

シトルリンは筋肉痛を抑える効果がある

シトルリンは筋肉痛を抑える効果もあります。

血行が良くなると、筋肉痛の原因となっている疲労物質をすぐに流してくれるからです。

筋トレをしている方は、シトルリンを摂ることで、からだの疲労回復力がアップして、早く筋肉質なからだへと導いてくれるでしょう。

シトルリンを摂ることで、筋肉痛になりにくくなり、筋トレの効果を倍増させてくれる研究結果も出ています。

日ごろから筋トレのために、プロテインや高タンパク食材をメインに摂取されている方は、シトルリンの摂取をおすすめします。

シトルリンを多く含む食べ物は?

スイカの他、メロン、きゅうり、ニガウリ、ヘチマ、ニンニクといった、ウリ科の植物に多く含まれています。

肉、魚、卵などの代表的な高タンパク食品にはあまり含まれていません。

食品からシトルリンを摂取するためには、スイカ1/7個、メロン1.3個、キュウリ56.5本という膨大な量となるので、現実的ではありません。

通常の食事から毎日シトルリン摂取することは困難だといえます。

そのため筋トレ倍増のためにシトルリンを摂るには、食事だけでなく、サプリメントを併用するのが効率的です。

筋トレ倍増のための1日の摂取目安量とは?

シトルリンの1日の摂取目安量は、800mgです。

摂取方法は、筋トレ前、筋トレ中に摂取すること効果的です。

基本的に空腹時に摂ると良いので、筋トレをしない日は、食事の30分から1時間前に摂るようにしましょう。

シトルリンは副作用は心配入りませんが、過剰摂取はからだに良くありませんので、摂取目安量を守って飲むことが大事です。

シトルリンはアルギニンとどう違う?

筋トレの向上や疲労回復、成長ホルモンの分泌に効果があるアミノ酸といえば、シトルリンの他にアルギニンがあります。

アルギニンは健康を維持するために欠かせない成分です。

筋トレを倍増させるためなら、アルギニンだけを摂ればいいのでは?と思われるもしれません。

アルギニンは筋トレ効果に素晴らしい効果を発揮しますが、胃酸による破壊を受けやすく、あまり持続力がありません。

そしてアルギニンだけをそのまま摂ると、大部分が肝臓で使われ、成長ホルモンを分泌させる前に消化されてしまうのです。

またアルギニンは、強アルカリ性の物質であり、胃や食道、のどの負担になることがあります。

アルギニンだけを飲む場合は、からだの負担にならないために、クエン酸と一緒に中和して飲む必要があります。

筋トレ効果倍増のためにはシトルリン&アルギニン!

体内にシトルリンの形でアミノ酸が入れば、肝臓以外にも吸収されやすくなり、からだの負担にもなりません。

そしてシトルリンを十分に摂取すると、オルニチン回路を活性化して、一酸化窒素が増え、アルギニンが筋トレの効果を上げてくれるのです。

シトルリンは、アルギニンと同時に摂ることで筋トレ倍増効果が期待できます!

シトルリンもアルギニンも、単体で摂ったときよりも2つ合わせて摂った方が、筋トレ効果がアップできるというわけです。

筋トレ専用サプリには、シトルリンとアルギニン両方配合したものがあり、単体のサプリよりもより筋トレ効果を最大限引き出してくれるので、おすすめです。

同時に摂取することで、アルギニンの即効性とシトルリンの持続力を維持できるでしょう。

まとめ

筋トレの効果を最大限に引き出す為には、シトルリンをぜひ活用しましょう。

そしてアルギニンとの併用で、さらに筋トレの効率アップが期待できますよ!

筋肉アップには、栄養管理や休養も大切ですので、忘れないようにしましょう。

関連記事

シトルリンの副作用で歯茎から出血することがあるって本当?

シトルリンは勃起力とペニス増大の即効性はある?

シトルリンがもたらすダイエット効果とは?

シトルリンでペニス増大させる最も効果的な方法とは?

シトルリンを多く取るとシトルリン血症になるリスクはある?

シトルリンはむくみ改善・予防に効果がある?